受託調査・研究

最終更新日:2019年05月08日

2-1 受託調査

2-1-1 人工知能関連技術の特許情報分析

2-1-2 人工知能関連技術の特許マップの作成

2-1-3 人工知能関連ビジネスのビジネス分析

2-1-4 2-1-3のビジネス分析に対応させた特許情報分析、特許マップの作成

2-2 受託研究

2-2-1 人工知能関連技術に関する知財経営、技術経営の研究

2-2-2 人工知能を活用したイノベーションの研究

受託研究では、より定量的な切り口で有益な提言を行う観点から、仮説立証のプロセスは、知財の各事象を数値化し、数理モデルや統計解析を駆使した原因の究明を行っていきます即ち、知財戦略上の事象をオペレーションズリサーチとして捉えて仮説を検証し、得られた統計的検討からお客様が真に納得していただくための解を導出することを得意としております。

先ずは研究テーマについてご相談させていただきます。その後、研究計画について打ち合わせをさせていただき、協議に基づいて研究内容、研究期間、研究費等について研究計画書にてご提案申し上げます。研究計画書にてご了承いただいた後、正式なお申し込みをいただき、研究により生じた知的財産権の取扱い(帰属や実施など)、秘密保持に関する事項を協議し、受託研究契約を締結させていただきます。

お問い合わせ・ご依頼は
お気軽にご連絡ください。

受付時間/平日9:20~17:20