技術経営ブログ

5G通信でイノベーションは大きく変わる

2019年5月8日

技術ブログ

2020年から、いよいよ5G通信(第5世代移動通信システム)がスタートする。音声主体のアナログ通信(1G)、パケット通信に対応した2G、世界共通の方式となった3G、更には現在運用されているLTEを中心とした4Gに至るまで進化を遂げてきた。次世代のネットワークは、「超高速」、「超低遅延」、「多数同時接続」を特徴とした5G通信である(総務省「情報通信白書」から)。

この5G通信における「多数同時接続」により、例えばスマホから100個程度の機器やセンサを同時にネットを介して接続することが可能となる。これにより、倉庫に保管された多数の商品の状況把握、農地の様々なポイント毎の栽培状況の把握、入院している各患者にウェアラブル端末を装着させ、健康状態を遠隔で一元管理、等の用途が一気に開ける。

また5G通信における「超低遅延」、「超高速」は、自動運転や、工場におけるロボットを用いたAIマニュファクチュアリングのようなタイムラグが許されない環境下において大きな効果を発揮する。

このように5G通信は、何れもAI、IoTによるビジネスを一気に加速させる起爆剤になることは間違いない。この5G通信を盛り込んだAI、IoTビジネス、ひいてはそれを生み出すイノベーションの在り方が今後大きく変わることが予測される。

特にこれからの中小企業は、この5G通信+AI、IoTを基盤としたイノベーション戦略を描くことができるか否かがポイントになると考える。またイノベーション戦略の立案と共に、更に先手を打ち、知財戦略(特許網の構築)まで踏み込むことで、ライバルと一気に差をつけることができるのではないだろうか。

お問い合わせ・ご依頼は
お気軽にご連絡ください。

受付時間/平日9:20~17:20