技術経営ブログ

人工知能ビジネスの知財コンサルティング

2019年6月26日

技術ブログ

人工知能を活用したビジネス(人工知能ビジネス)の拡大を目指す企業に必要なのは「競争戦略の強化」であり、競争戦略の強化で一つのキーワードになるのが「知的財産戦略(知財戦略)」となる。人工知能(AI)は、元を辿ればプログラムであり、AIプログラムは、技術的思想、つまり発明などの知的財産を構成する概念といえる。AIプログラムにより学習用データを学習させて生み出される学習済みモデルは、ビジネス上の様々な意思決定を行う際の利便性向上につながるものであり、有益な知的財産といえる。人工知能ビジネス全体の価値において、知的財産の占める割合は高い。そして、この知的財産をうまくマネジメントできればビジネス全体の価値を引き上げることができる。知財戦略を好適にリンクさせることで競争戦略の飛躍的な強化が可能となる。

知財戦略は、競争戦略に資することでビジネスの持続的な競争優位性を生み出すものであり、知財戦略が独り歩きしても価値は生まれない。知財戦略をどう競争戦略に組み合わせると、どういった競争優位性が発揮できるのか、そのメカニズムを理解しない限り、真の有効な戦略は生まれない。知財戦略の立案は競争戦略全体に深く絡んでおり、根源を把握することが重要となる。

 当社では、今まで蓄積してきた研究成果を活かし、皆様方の人工知能ビジネスを知財戦略で強化し、持続的な競争力強化につなげていくためのコンサルテーションを提供いたします。

 具体的には、皆様方の人工知能ビジネスをIPランドスケープを通じて俯瞰することにより、最適なAI特許戦略の策定を行っていきます。また人工知能ビジネスを他社と差別化するために必要なファクターを市場情報から抽出して提案するとともに、これを特許情報と組み合わせることで知財戦略の強みを出すためのアプローチも可能です。更には人工知能ビジネスの中枢となるAIソリューションについて、特許権で抑える要素と秘匿化する要素を棚卸マップを通じて視覚化し、戦略的な意味づけを行い、オープンクローズ戦略を提案することも行っております。是非お気軽にご相談ください

お問い合わせ・ご依頼は
お気軽にご連絡ください。

TEL

受付時間/平日9:20~17:20